コンテンツ

代謝アップや脂肪細胞の燃焼によるクライオセラピーでダイエット

全身冷却エステでダイエット

クライオサウナは人体に安全な液体窒素を使うことで一気に-120度から-196℃もの全身冷却エステができます。 超低温で全身を包み込み、全身の血行促進や代謝促進、細胞を生まれ変わらせる新陳代謝も促進できます。 脂肪の代謝も促進できるため、余分な脂肪細胞の減少を促してダイエットにも効果が期待できます。
全身ケアがわずか1分から3分で効率的にできるクライオセラピーでは、冷やされた脂肪細胞が、自ら消滅するというアポトーシスという状態に陥らせることができます。 アポトーシスは体が自らの体のために細胞を消滅させるという働きです。 これにより、脂肪細胞が体外へ排出されるため、脂肪細胞が元に戻らずリバウンドのリスクも減少できます。

脂肪細胞を効果的に燃焼

ダイエットというと運動をして汗をかいたり、体温より高いサウナに入るなど、体を温めて汗をかくことで脂肪細胞を燃やすというイメージがあるかもしれません。 これに対してクライオサウナは冷却サウナとも呼ばれ、-196℃にも及ぶ超低温で体を一気に冷やします。
冬場など寒い時期はダイエットがしにくく、太りやすい時期ともいわれることから、本当に痩せられるのかと疑問に思われる方もいるかもしれません。 ですが、自然環境では到底考えられない-196℃までの超低温環境に一気に引き込むことで、体は驚いて体の機能を保つために体温を保たせようとします。 そのために熱を一気に高め、エネルギーの量産を図ります。 この際、蓄積された脂肪細胞が熱エネルギーの量産のために使われ、わずか短時間のクライオセラピーで効果的に痩せることができるのです。

お肌の弾力も取り戻してメリハリボディへ

クライオセラピーは脂肪燃焼によるダイエット効果はもちろん、血行促進や新陳代謝の促進によって肌細胞の活性化や、お肌や体にハリや弾力をもたらすコラーゲンの生成もうながします。 つまり、余分な脂肪を燃やしてボディラインを美しく整えながらも、お肌をしぼませずハリとツヤのある若々しい美肌が目指せます。
食事制限などで無理にダイエットをすると体重は減っても、肌がカサカサになったり、シワシワになり、弾力や潤いが失われて年齢以上に老けて見えてしまう残念な結果になってしまう方も少なくありません。 ですが、クライオセラピーなら、体重の減少と代謝の改善が同時にできます。 わずか3分ほどの短時間の1回の施術で、熱を量産するために800キロカロリーを消費でき、皮下脂肪の減少により体重が減少するだけでなく、コラーゲンの活性化によりお肌のハリとツヤもアップできます。