アスリートからの質問

クライオセラピー®︎を始めるにあたり、アイスバスとの違いを多くのアスリートに質問されます。

アイスバスはトレーニングの締めくくりとして筋肉の疲労回復を行うのためその後トレーニングをすることはお勧めしません。(試合前も不向き)アイスバスの入浴時間は10分〜30分間、身体の深部の炎症まで冷却するので終わった後は冷やした身体の体温が回復するまで身体を温め休息状態でお過ごしされることが大切です。

クライオセラピー®︎は気化した液体窒素を使用し、わずか2〜3分間身体の皮膚表面のみを超冷却して行います。時間も短く身体も濡れないのでアイスバスのような皮膚の痛みや苦痛は大幅に減少されました。また試合の前でも後でも時を選ばずにいつでも行えることが何より大きな利点です。超冷却された身体はサバイバルモードにスイッチが入りセッション後の大きなリバウンド効果がより一層のスピードで体温を回復してくれます。筋肉量が多ければ多い程その分血管の数は多くなるため中にはセッション後すぐに発汗しているアスリートがいることにも驚きです。

 

海外ではC.ロナウド氏が2013年に自宅に7,600万円もする高級クライオキャビンを個人の自宅用に購入し話題となりました。現在日本では高性能な米国最新のクライオキャビンを世界の誰よりも真っ先に導入したクライオサロンとして麻布十番の℃RYO TOKYO®︎が存在しています。私たちはプロのアスリートでもありプロのアスリートサポートチームです。日本はリカバリーがまだまだ世界に大きな遅れを取っていますがトレーニングは誰よりも頑張る人種です。世界はかなり以前よりクライオセラピー®︎を導入し炎症、怪我予防、怪我治癒促進、深い良質な睡眠が疲労回復のスピードを加速させ多くのアスリートたちに貢献し支持されています。これからも私たちは日本の頑張るアスリートたちに使命感を持ってこの素晴らしいリカバリーを伝えていきます。

世界で活躍するトップアスリート御用達のクライオセラピー®︎専用サロンは麻布十番4番出口徒歩1分の℃RYO TOKYO®︎です。当日予約はお電話でお待ちしています。


東京都港区麻布十番2-1-1 紀伊國屋シュガーレジデンス3F

℃RYO TOKYO®︎(クライオトウキョウ)

☎︎ 03-5439-9969

2021年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31