クライオセラピーの世界市場規模について

<クライオセラピーの世界市場規模は2026年までに67億2730万円、年率9.8%で達成予定>

Report Oceanが発行した最新の調査報告書によると、クライオセラピーの世界市場規模は、年率9.8%で2026年までに67憶2730万円を達成する見込みです。

凍結療法(クライオセラピー)は、医学的には悪性組織や病変と呼ばれる悪性組織の損傷を治療するための低温のアプリケーションとして知られています。凍結療法(クライオセラピー)は、筋肉痛、捻挫、腫れ、軟部組織の損傷、術後の腫れなどの治療によく用いられます。

クライオセラピー市場を牽引する主な要因としては、癌の高い罹患率、低侵襲治療への需要の高まり、クライオセラピー機器の技術的優位性、フィットネス、ウェルネス、美容業界での人気の高まりなどが挙げられます。

北米および欧州のクライオセラピー市場は、スポーツ選手や映画俳優が怪我からの早期回復や老化防止のために需要を高めていることが背景にあります。北米は、他の地域に比べて市場を独占しています。全身クライオセラピー(WBC)は、アスリートのパフォーマンスアップ向上に役立ち、筋肉の損傷や痛みからの早期回復を助けることでダウンタイムを短縮する。

レポートオーシャンは、世界の位セラピー市場を、製品タイプ、アプリケーション、セラピー、エンドユーザー、地域に基づいて分類しています。

(Report Ocean Co.Ltd.noニュースリリース2021年7月26日より一部抜粋) https://newsrelea.se/7oZAKP 参照

*Report Oceanとは、業界で最高の市場調査レポートプロバイダーです。

2021年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031