世界は回復戦争時代

ここ数年、革新的なクライオセラピー(全身冷却療法)が世界中のトップアスリートや有名人の間で急速に広まりました。そして今では当たり前の回復ツールとしてどんな方々にも気軽にクライオセラピーが受けられる環境が整っております。誰もが望むその回復ツールは海外ではたくさんの症例も発表されています。この回復戦争を世界的なアスリートにもたらすため世界のクライオ事業も日々進化し拡大しています。

 

運動後のゴールデンタイムといわれる30分以内の補給やリカバリーはまさに時間との勝負です。その間に適切なプロテインや栄養素の摂取、アイシングが良質な筋肉へと結びつき翌日のより良いパフォーマンスに繋がります。そのゴールデンタイムに特化したクライオセラピーは最大でもたったの3分間、アイスバスにして45分にも匹敵するといわれています。アスリートにとってベストな自分をどこまで引き上げられるのか、その手法の最先端がクライオセラピーであるのなら試さない手はありません。クライオセラピーのマイナス150℃〜180℃のトリートメントで皮膚の表面化にある血管と筋肉組織の収縮を促すことにより末梢部の血液を中心部へと送り込んでいきます。クライオセラピー後はろ過された血液が再び末梢組織へと送り込まれるため皮膚と筋肉を強化し、様々な身体の働きを増長します。施術後48時間の回復過程において施術前の筋肉の痛みや炎症等の症状は軽減されています。

東京オリンピックを控え、今後は世界中のアスリートが日本へやってまいります。しかしながらまだ日本ではクライオセラピーが浸透しておらず2020年には全てに対応できる数には至りません。どんなスポーツに於いても回復過程の差がパフォーマンスの差となることは誰もがご存知です。当サロンでは安心安全の日本製クライオマシーンをご提供しておりますが海外製品の販売も併せて承っております。マシーンは多種多様ございますので地域、用途により適切なアドバイスをさせていただきます。クライオビジネスをご検討中の皆さまからのお問い合わせ、ご相談等ぜひ当サロンまでお気軽にご連絡ください。

 

一般財団法人 日本クライオ療法推進協会

代表理事 渡久地聡美(℃RYO TOYO代表)

2018年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30